前処理と添加の比較
前処理と添加によるウエーヴ効率の比較実験



平成27年2月17日 実験者:室 智久



使用薬剤:  パーマ液 ALIMINO COSME CURL H

処理剤   J.BEES 411light, KeraQ, MASK002



毛束用ウイッグ:レジーナFB606



毛束染毛用に使用したカラー剤:HOYU プロマスターEX light level RC-10/12



実験方法

A:用意した毛束に各処理剤で前処理をした後にパーマ1液塗布後10分放置、水洗無しで2液を5分×2の後水洗。



B:用意した毛束に各処理剤が10%添加されているパーマ1液塗布後10分放置、水洗無しで2液5分×2の後水洗。



実験結果

ウエット時(ロッドアウト後)

前処理・添加無し



411使用 左:前処理  右:添加



ケラQ使用 左:前処理  右:添加



MASK002 左:前処理  右:添加



ウエット時での考察:前処理の方が添加より減力しているように見える。



ドライ時

前処理・添加無し



411使用 左:前処理 右:添加



ケラQ使用 左:前処理 右:添加



002使用 左:前処理 右:添加



全体





分かり辛いので、別の方法て比較しました。



411

リッジ間の距離が、添加が1番短いです。

質感はしっとり潤っている(添加の方がより分かりやすい)

他の処理剤との違い弾力があるという事。プルプルしている。







ケラQ

添加するとリッジ間の距離が他と比べると短い。

質感はしっとりしていて軽い。フワッとしている。

411と002より軽い感じ。





MASK002

添加するとリッジ間の距離が他と比べると短い。

質感はしっとりして潤っている感じ。

411より軽い感じ。


質感が伝わり辛いので、引っ張ってみました。








ケミ活 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>