金沢すずかわ塾
 先日の11月17日、金沢市総合体育館で第二回金沢すずかわ塾を開催しました。

今回の参加者は総勢50名。年齢層も幅広く小学生から60代まで、業種も様々、運動も殆どされない方からアスリートレベルまで。 


でも体幹トレーニングではさほど関係ないのです。歩いたり走ったり動いたりする為の正しい
「姿勢」を身に付ける為のものですから。

僕自身、中学は剣道部(中2で挫折)、高校はテニス部(これはやり遂げました)で特に高校時代は頭より身体を動かしていました。

僕がやっていた準備運動はせいぜい3分程度、それからハードに動き回っていたわけです。

当然怪我も多かったです。それはそうです、眠っている身体をいきなり動かすわけで。

車も1速から急に6速には上がれまれませんもんね。

でも、多くの人達はオートマの車みたいにいきなりアクセルMAX踏んで動くわけですから当然身体もついていけない。

だから怪我をしてしまう。

怪我をしなくても、辛くて辞めてしまう。

昔は、根性論で喉が渇いても水無し、練習中ブッ倒れた事を自慢話にする事もありました。

数年前出会った本で「Born to Run」という本があります。


超長距離走(100キロとか200キロとか)を走る民族や人達の本なのですが

その本の中を読んで、走る事への概念が180度変わったんです。

それまで、1キロ走るのも嫌でマラソン大会なんて憂鬱で苦手だったわけです。

ノリで出場した10キロマラソンも苦しくて全然楽しくなく、「走る事」へのモチベーションは低かったんです。

ところが、その本を読み勧めていくと無性に走りたくなったのです。

そして当時体重が85キロだった重い身体でゆっくりと歩きだしました。

最初は歩く事からはじめました。歩く距離より歩く時間を伸ばしていきました。

呼吸はいつも苦しくなく会話が出来る程度で。

一日30分歩きを2週間位続けたあたりから、少し早く歩いてみたくなりました。

そして30分間少し早めの速度で歩きはじめました。そしてまた2週間。

少しづつ少しづつ、ペースを上げ、時間を延ばし。

そしていつしか10キロをなんなく早歩きよりちょい速い小走りで走れるようになっていました。

歩きはじめて半年後には20キロを2時間30分程かけて走れるようになっていました。

大会にも出て、人生初のハーフマラソンを完走する事が出来ました。

最後にエントリーしたハーフマラソンでは1時間50分を切る程までになっていました。

体重も15キロ減り70キロになりました。

普通、素人がいきなり長距離を走り始めると怪我をします。多いのは膝です。そして走れなくなりランニングを辞める人も周りにいました。

僕はというと怪我は全くしませんでした。

何故?秘訣は?

それは、その本に書いてあった「走る姿勢」でした。

何よりも僕はその「走る姿勢」を意識して身体を動かしていたのです。

だから怪我もせず、楽しく長距離を走り続ける事が出来たのだと思います。

今年に入って去年や一昨年ほど走ってはいませんが、そうして一度手に入れ身につけた「姿勢」は今も崩れる事はありません……いや、最近崩れてるかも… だからそういう時の為に耐えず僕の走る「姿勢」を教えてくれたバイブルを読み返すのです。



「すずかわ塾」とは、僕にとっては「姿勢」を身に付ける為の時間です。


走る「姿勢」があるのと同じで、正しく身体を動かす為の「姿勢」が重要だと思います。

思った方向に思った速度で思った所にたどり着く為には

その「思い」を伝える伝達をしっかりしないといけません。

人間は2足歩行の動物です。歩いたり走ったりする事で脳が活性化します。

大きな縦の動きも大きな横の動きも全ては身体の軸が中心となるわけです。

それが「体幹」だと思うのです。

その「体幹」を鍛えブレない軸をつくる事が、正しい「姿勢」を身につける事なんだと思います。

「すずかわ塾」は僕にとって「Born to Run」のような存在です。

正しく真っ直ぐ大地に立ち歩いていく為の。

綺麗な姿勢で真っ直ぐ立っている人はただそれだけで美しい。

きっとそれは心も真っ直ぐになっているからかもしれません。

生きていく上で身につけたいものです。


11月17日第二回「金沢すずかわ塾」
元広島東洋カープトレーナー、鈴川卓也氏による体幹トレーニング教室

日記 comments(0) -
サーフィンと村田先生
サーフィン

久々に始めました。

12〜13年前、ベニスビーチで始めたサーフィン。


あの頃は毎日のように海に入ってました。

30ドルの中古のサーフボードと海パン。

パドリングとダッキングと波待ちだけは上手くなりました。

ただ、立てなかった…

板が滑っていざ立とうと思うと早かったり遅かったりで…

朝の鏡面のような海に入って綺麗な大きい波に興奮して乗ろうと頑張ったが乗れずに、マッチョなローカルに中指立てられ追いかけ廻されたり、

沖まで出て潮に流され必死になったり、

乗り損ねた波から見下ろす石だらけの海底にダイブしたり…

いやはや危険でした。

でも、波待ちしている時、目線が水平線と並行になってプカプカ浮かびながら海に沈む夕日を眺めたり、

朝の澄んだ空気の中キラキラ鏡面のような静かで力強い海に浮かんだり、

波の中でイルカが遊んでいるのを見れたりと、

波には乗れなかったけど大好きでした。

帰国して10年、サーフィンはしていませんでした。


また始めたきっかけは、お客様からのお誘い。

サーフィンスクールでした。

美容師さん達と一緒にレッスンを受けたのですが、これが良かった。

一緒に地上での練習をして、一緒に海に入る。

それだけでも楽しかったのですが、教えてくれた先生が良かった。


20歳そこそこの青年の的確な指導。

パドリングのタイミングから立つタイミングまで指示してくれ毎回、ダメな理由、どうすれば良いのかを実に分かり易く指示してくれました。

彼のシンプルて分かり易い指示、例えば

『身体が固い!』

『足元を見ない!』

『運転する時に前を向くように、常に前を向いてて!』

最初に教わったのが、この3点。

そして

乗れたんです。波に!

ロングボードだったのもありますが、

それでも波に乗る楽しみが味わえた。

そして一緒にレッスンを受けている仲間からの喜びの声。

先生からのお褒めの言葉。

1、指導者
2、チャレンジ精神
3、仲間

この3要素があったからこそ乗れたんじゃないのかなって思います。

それから3ヶ月、海には行けませんでしたが、そこでの体験を色んな方にお話する訳です。

あまりにも楽しかったから僕もきっと楽しくお話していたのでしょう。

特に、村田先生の話はかなり熱く話していた様に思います。

そしてつい先週行って来ました!

今回は僕を含めて5人。

もちろん村田先生指名で!

全員初心者。

一緒に地上トレーニングをして入水。

海は台風の去った後で、波はドンドンやって来るしバシャーン、バシャーンて立ってられない状態。

皆立ち向かっていました。

そして皆波に乗っていました。

最高な笑顔で実に楽しそうに波と戯れていました。

村田先生の僕への指示は

『ただひたすら乗ってください』

波が良いから波に教えて貰いなさいとの事でした。

前回の指示を守り挑んだのですが、

前よりも、もっと長く乗れたんです。

いやはや楽しかった。

良い波、良い指導者、前向きで楽しい仲間、

そして海に入ってない時も続けていた鈴川式体幹トレーニング!

力を入れる場所が体幹になる事により
、全身に力が入らないからガチガチになってなかったみたいです。

村田先生からも
『力が抜けている感じで良いです!』
と言われ、自分で意識していない内に
体幹鍛えてたんだなあと感じられた瞬間でした。


海から上がり村田先生から

『サーフィンってみんな簡単に出来そうって思ってる。けど、今日みたいな波だと怖気付いて海に入れない方もいる。でも大事なのは前に出る姿勢。波を怖がってちゃ上手くならないし教える事も出来ない。今日みたいに皆が波に怖気付く事なく挑んでいたから僕も凄く教えやすかった。』

前向きに挑む事なんですね。上達の秘訣は。

こうも言っていました。

『寒くなると波が良くなる。でも海に入る人は少ない。寒くても海に入る人は上手くなりたいと思ってる人。』

今まで、冬にサーフィンする人は、よっぽどの好き者なんだなあって思ってましたが、好きもあるけど、上手くなりたいって向上心があるから凍える寒さでも海に入るんですね。

向上心が大事。

こんな事を気付かせてくれた村田先生。

サーフィンスクールを辞められたらしいです…

11月会えるのを楽しみにしていたのですが、なんでも海から陸の仕事に就くらしいです。

たった2回のレッスンでしたが、色んな事を教わりました。


村田先生が最後に言った事を思い出しました。

『僕なんて海にほっぽり出されましたよ〜!』

10歳からサーフィンを始め、ただひたすら海に『ほっぽり出され』獲た経験と知識と自信。

きっとそこだったんですね。彼の指導力の根幹は。

人から得た知識、本から得る知識も大事だけど、何より自らが体験してきた事。

ほっぽり出されても這い上がれる力。

きっとそういう人に人はまた会いたくなるし、そういう人には人が集まるのでしょう。

またいつかお会い出来る日を信じて







日記 comments(0) -
赤ヘルパワー
今日から東京です。

そしてカープ戦デビューです。

赤ヘル美容師さんを頼ってレフトスタンドへ。


はい、応援団のすぐ横、特等席です。

凄いです。赤ヘル美容師さんと仲間達。

燃えていました。


カープのホームページ用の写真も撮られていました。

僕はというと、鳩が豆鉄砲でした。

到着したのも7回ですから全然ついていけない…

ようやく9回、エルドレッドのホームランで楽しくなってきてカープ勝利で終了!と思いきや応援歌の大合唱。

ほんと、誰それ関係なく勝利を祝っていました。

満面の笑顔で。


なんだか見ていてスカッとしました。

全力で応援している姿、喜びを分かち合う姿。

選手のプレーに全力で一喜一憂する姿。

元気をたくさん貰いました。

忘れかけていた青春が少しだけ蘇った時間でした。

次回はちゃんと準備しないと!



日記 comments(0) -
コミュニケーションを考える
日本のコミュニケーションがボーリング型なら、アメリカのコミュニケーションはキャッチボール型。

日本の小さい頃から、大人の話を長い間ダラダラと聞かされる習慣で目上の人、先輩の話は最後まで分かってる振りして聞いていない我慢と忍耐の交流は、コミュニケーションとは言わない。

欧米人は、なんでもかんでも発言するし、人前で発言、スピーチする心地良さを小さい頃から教えられてるから、立場とか年齢とか関係無く自分の意見をバシッと言えた方が良いし、人種、宗教が入り混じってるから、聞かなきゃ分かんないし、話さなきゃ伝わらない。

『音を出せ!誰も気付いてくれないぞ!』
が欧米式なれば、
『音を出すな!何も言わずに悟らせろ!』
が日本式だと思う。

そもそも『コミュニケーション』なんて言葉も存在しない日本なのに、上記のような欧米文化で使われているコミュニケーションを当てはめるのが無理なんですよ。

言葉の背景、歴史を分かって上手く活用しなきゃ、この『コミュニケーション』って言葉はかなり薄っぺらくなっちゃうと思う。

日本人はじっと我慢して聞く。
だから人間をじっくり観察できるし、それから何を言わんとしているのかを察知出来る繊細な能力があるんだ。

だのに、やたらめったら手取り足取り教育なんつー薄っぺらい『コミュニケーション』で『見て覚える教育』が古いって!そうじゃないでしょっ!

僕の英会話は英語って言葉を教えつつ文化も教える。それは発音からも学べる事。そうやって少しの時間だけど異文化体験を積み重ねる事で、自分の表現方法の幅が広がるんではないでしょうか。

隣の人の一番好きな色は何?

ケミ活&英会話、2時間コースやってます。

日記 comments(0) -
要は何で英会話やり始めたか
まだ美容業界に入り立てで、一日中飛込営業して臨店とれるまで帰れなかった頃、馬鹿馬鹿しくなって外資系に転職考えてた。

帰国子女でTOEICだって楽勝で900位とれて(正確に言うと、1回目が850で2回目が910)『俺ってもっと金貰えんじゃね!?』って軽い気持ちで外資専門の人材会社に2回位面接行った時があって、そん時面接官に
『あなたの英語力なら今のお給料の2倍〜3倍は貰えますね。』って言われて
ニヤリヤッパリってアドレナリン出てる時に面接官から続けて言われた。

『今の仕事での実績を教えて下さい』

ザーン…

結局の所、外資が求める人材は実績を残している人。英語力なんて後から教えたり補えばどうとでもなるけど、実績を残した人は作れる可能性を持ってる訳で、自分は何も無かった訳で…

海外経験とか英語力とかより今の仕事で結果を残す事なんだって…

この時が日本に帰ってきて鼻が折れた時、そして新たに走り始めた時。

それから最近まで、自分の海外経験や英語力を現在の仕事とリンクさせる事をしなかった。この美容の仕事には関係無いんだってね。

固いよね…

むしろ不自然。

1年程前かなあ、10年程お世話になっている兄貴的お客様に唐突に
『室さんてアメリカで保育士やってたんでしょ!英語教えれるでしょ!』

僕の返事はもちろんイエス!で

その時は、イエス!って言える程に柔らかくなってて。

実績を残そうと頑張ってて飛び込んだ先の美容師さんから新たな実績を作れるチャンスを頂いて、その時の自分は柔らかくて何だかドンドン柔らかくなってるってお話でした!
日記 comments(0) -
Let it be
アメリカにいた時、

日本人で童顔で痩せてるから舐められる。

舐めんなよってアメリカに中指立てたいから必死にパンプアップする。

結果10キロ増量、でかくなった。

日本から来た日本人ってより、アメリカ生まれの日本人って感じになった。

アメリカに憧れてアメリカ人になろうとやったけどね...

なれねえの。

所詮アメリカぶってアメリカやってても俺は日本人って気付いたの。

帰国…

ショックだったのは日本のセレクトショップの服が入んねえって事。

アメリカでもてたかったらNAVYカットのマッチョな感じ。男らしい感じ。

日本は真逆。女々しい感じ。体も心もUSAになっちゃった俺にはOMG!



住む国

職種

性別

宗教


いろいろ面倒くさいけど理解しないとね。

Let it be「あるがまま」って流されるって事じゃないと思う。

流れに先ず身を任せ分かろうとする心なんじゃないかな。

そして、それはどんな流れに身を任せても大丈夫だからじゃないかな。

「自分に自信を」


横浜関内伊勢崎長者町。アメリカ帰国後に住んだ街。

日記 comments(0) -
走る
走り始めたきっかけ、

一冊の本、

それから走っている。

途中やんない時もあるけど続ける。

走る事、

僕にとっては正す事、

ゆがみを矯正する事。

長い時間を走る時

同じリズムで走るんだけど、

その時間は

自分との対話の時間。

身体とも心とも

何が一番大切なのかを問い正す時間、

見栄やプライドを削ぎ落とす時間、

『心』を強くする時間。

走る前に悩んでいた事は大抵走り終わった時には頭から消えている。

その感覚はグランドキャニオンを目の前にした時の感覚と似ている。

何千歩何万歩を毎日繰り返す時間は
浮世を離れた世界。

肺が辛い、
足が痛い、
頭が朦朧とする。

でも不思議と心はすっきりする。

すっきりとした心と疲れた身体。

そこにはブレない自分がいる。

何より素直な自分がいる。

走るってきっと子供になる事。

BORN TO RUN

僕達は走る為に生まれてきた。

写真は石川県羽咋市神子原地区の棚田。刈り入れ前です。








日記 comments(0) -
| 1/1 |